時期や規模による違いと業者による違いを比較

MENU

家族持ちか単身か

家族

家族の人数によって使い分け

引越しをする際は、今いる家族の人数で種類を決めるのが賢いやり方です。まず、単身の場合。大学進学やサラリーマンの単身赴任の場合は単身パックを利用するのがベストです。この単身パックは費用を抑えられるというのが最大の魅力です。安く利用できる理由としましては、カーゴテナーと呼ばれている台車に全ての荷物を積み込んで移動するからです。積める荷物には上限がありますが、この上限内で荷物を収めることができるのならば、通常の引越しより費用が安くなります。また、カーゴテナーへの荷物の搬入と引越し先での荷物の積み下ろしは業者がやってくれますので、通常の引越しとほぼ同じサービスを受けることが出来ます。次に一家で引越しする場合は通常の引越し業者を選択します。現在では、インターネットで簡単に見積もり費用を取ることができますが、あくまでネット上での見積もりです。改めて業者の営業が自宅まで来て見積もり費用を出してくれますが、一社だけではなくて複数の業者から取りましょう。その中から安い所を見つけるのがベストですが、段ボールの無料支給枚数やオプションサービスといった付加価値の部分を加味して業者を選定しなければなりません。特に荷物が多い場合は、段ボールの無料支給枚数は結構大きな問題になり、場合によっては段ボールが足りなくなり上限を超えた分は業者から買い取らなければならなく事態も発生してしまいます。そのため、予定金額よりオーバーしてしまう事もあります。

Copyright© 2019 時期や規模による違いと業者による違いを比較 All Rights Reserved.