時期や規模による違いと業者による違いを比較

MENU

新居も探したい人にベスト

ダンボール

タダというサービス

引越ししたいけれど、現実的に引越し費用が工面できない人もいるでしょう。加えて、新居(賃貸住宅物件)が見つからないなど、様々な事情も絡んでいます。しかし最近になって、費用0円という引越しサービスの利用者数が増えています。利用の目的は、他へお金を回したいからで、物件代(家賃前払い)や日用品、家具や家電を購入するために0円サービスを選んでいます。また、引越し業者が打ち出しているオプションを活用することによって、賃貸物件探しさえ手軽になります。こうした業者は、様々な企業と提携しており、その中には不動産会社と提携している業者もいます。このことにより、利用者は新たな新居探しと引越しを同時に行えるのです。利用者は、仲介手数料を不動産会社へ、不動産会社は引越し業者へ仲介手数料と成約(紹介料)を渡しています。それによって0円サービスが成り立っています。もちろん、家具や家電付き物件を選んでみれば、荷造りや荷解きもラクになり、回すはずの費用も浮きます。業者側からすれば、人件費や運搬などに関するコスト削減ができ、利用者に質のよいサービスだけを与えることができます。通常であれば、引越しサービスの契約のみを交わすのですが、賃貸契約も交わすことになり、注意事項もしっかり確認してから、契約書にはサインをしましょう。よくありがちなのは、ネット契約が新たに必要になったりする0円サービスですが、必要であれば契約時に値引き交渉してみることで費用を抑えることができます。

Copyright© 2019 時期や規模による違いと業者による違いを比較 All Rights Reserved.